今日の安心をあなたに — お客様の立場に立った最善のご提案をいたします —

よくあるご質問

  • HOME »
  • よくあるご質問
1.法人で利益が出た場合に、(どのような利益対応)商品がありますか?
1.定期性の保険(定期保険、逓増定期保険)と、養老保険の福利厚生プラン、医療保険、ガン保険、長期傷害保険などがあります。   内容によって使い分けが可能です。
2.会社経営している場合に、どんなリスクがありますか?
2.責任者である経営者の方が死亡された場合、事業を継続するリスク(借入金等の返済義務や従業員の方の給与保証など)と、残された遺族の方の生活保障リスク(死亡退職金や弔慰金の支払)などがあります。また、自社株などの資産が高額な評価額になる場合は、相続税の支払いリスクなども考えられます。
3.退職金の準備をしたいのですが、(保険を活用した場合)どのような方法がありますか?
3.役員の方向けになりますと、定期性の保険(長期平準定期保険や逓増定額保険)や、医療保険・ガン保険、長期傷害保険等を活用した準備プランがあります。
従業員の方には、役員の方と同じものプラス養老保険の福利厚生プランなどが考えられます。
4.現在、損害保険代理店をしている者ですが、今後どのように対応していけばよろしいでしょうか?
4.損害保険代理店の代理店手数料体系は各社とも、より大型化・自立化を代理店に求めており、今後もこの考え方が変わることは無いと思われます。取引損保会社の体系変更(予定)を踏まえ、専業化か、他代理店との連携・協業化を図るか、といった具体的な収支のシミュレーションを行うことにより方向づけられると思います。
5.希望する場合、生命保険・損害保険の保険内容診断をしていただけるのでしょうか?
5.弊社は専任のスタッフが4名いる大型のプロの生損総合保険代理店です。
保険に関するあらゆるお客様のご要望にお答えいたします。
6.決算時期が来て利益が出た場合に、(保険を)有効利用する方法はありませんか?
6.A1の回答と同じです。詳細は弊社にお問い合わせください。
7.従業員の福利厚生で保険に加入をしようと思うのですが、有効な保険はありませんか?
7.養老保険の福利厚生プランや医療・ガン保険等が考えられます。
8.企業で加入している保険の総合管理をしていただけませんか?
8.A5と同じく弊社にお任せください。複雑な企業保険の総合管理も弊社は行っております。
9.企業のために加入する保険には、どのようなものがあるのですか?
9.その企業の抱える事業内容全体を把握し、リスクの精査を行うことにより、自社で加入すべき保険が顕在化されてきます。
弊社では、お客様の事業リスクを主に
① 財物の損壊リスク
② 人的損失リスク
③ 賠償リスク
④ その他リスク
に大別し、お客様の潜在的ニーズを洗い出し、適切な保険付保のお手伝いを行っております。

お気軽にお問い合わせください TEL 03-3354-0261 受付時間 10:00~18:00 (土・日・祝日除く)
E-Mail:office@emsafty.com

PAGETOP
Copyright © イー・エム・セフティ株式会社 All Rights Reserved.